産後にトコちゃんベルトなどの骨盤矯正ベルトをしたほうがよいか?

よくそんな質問を受けます。

骨盤ベルトは恥骨結合をサポートするためのもので、恥骨乖離などがあった場合、産院で1カ月~1カ月半ほど装着するよう指導があります。

恥骨乖離があると骨盤がグラグラする感覚で、骨盤ベルトがないと不安定で歩行にも影響します。

その場合は支持通り装着してください。

 

しかし、最近は通販などで買い求め自身の判断で付けている方も多いようです。

ところが、実際付けてみるとこれがなかなか心地が悪い。

股関節の動きが制限されるので、日常の動作に支障が出るのです。

たくさんの産後ママさんのお話を聞いていると、ほとんどの方が1週間と経たずに着用を止めています。

これで骨盤が矯正されると思っている方も多いのですが、自己流で装着していて返って歪みが悪化してしまったというケースもありましたので注意してください。

また腰痛などで2~3カ月の長期間着用していて、股関節にトラブルが発生してしまったケースもあります。

 

骨盤ベルトは産院で着用の支持がなければ、特に付ける必要はないと考えます。

骨盤の歪みが気になる方は、自己流ではなく専門院で産後の骨盤矯正を受けてください。

腰痛の場合も骨盤のケアが必要ですし、ベルトをするなら腰痛用の腰巻きタイプを使用した方がベターです。

すでに骨盤ベルトをお持ちの方は急性腰痛などイザという時の”お守り”だと思ってそばに置いておくだけでも安心ですね。

でも痛みや骨盤周辺のトラブルがあったら、すぐに産後ケアや骨盤矯正のできる治療院へ行ってください。

横浜港南区の産後ケア・骨盤矯正専門院
港南台の整体【さくやまカイロプラクティック】