産後の恥骨痛!その原因は?

産後に恥骨周辺に痛みが出ることがあります。

恥骨は左右の恥骨が軟骨組織で結合していますが、分娩に伴って恥骨に力が加わるので左右に恥骨が乖離してしまうことがあります。

この場合、産後直後からグラグラする感覚や痛みなどの異変があるため、産院で検査されることが多く、退院時に骨盤ベルトを1カ月半程装着するよう指示があります。

しかし恥骨そのものに異常がなくても痛みが出るケースがあります。

恥骨には恥骨筋、短内転筋、長内転筋といった筋肉が付着しています。

図:長内転筋
adductor
(出典:Clinical Massage 医道の日本社)

こららの筋肉が過緊張を起こすと付着する部分(図の細い赤○)にストレスがかかり痛むことがあるのです。

長い妊婦ライフで活動量が落ちて、筋力は弱っています。

出産時の負荷で筋繊維がダメージを受け産後に過緊張を起こすのです。

これらの筋肉は股関節を内旋する働きをします。

足を組んだり、横座りをしたりといった股関節を内旋させるような動作時に痛みがでるのが特徴です。

産後は授乳などでこのような姿勢を取ることが多いので特に気になるとも言えます。

この場合、骨盤ベルトしても効果はありません。

骨盤ベルトが効かないとなるとその対策はどうしたらよいのでしょうか。

産後の恥骨痛はカイロプラクティックで骨盤矯正!

筋肉の過緊張をとるにはストレッチが効果的です。

しかし過度に緊張した筋肉をストレッチすると痛いだけで、ほとんど伸びません。

無理に引っ張りすぎると、かえって筋繊維を痛めてしまうことがあるので注意が必要です。

ストレッチをする前に筋肉の緊張をとる手段は・・・骨盤矯正です。

恥骨は骨盤の一部です。

内転筋が緊張しているということは、骨盤に付着する他の筋肉群にもなんらかの異常があると考えられます。

結果、骨盤が歪んでいる可能性が高いのです。

それらも含めて、トータルで骨盤周辺の筋バランスを整え、骨盤も矯正する必要があります。

産後の恥骨の痛みは一般の整体院ではなく、産後の骨盤矯正に詳しいカイロプラクティック院を選びましょう。

横浜の産後ケア・骨盤矯正専門院/港南台の整体さくやまカイロプラクティック