脊柱管狭窄症かもしれません。

歩くと足が痛くなったり、シビレたりする人はいませんか?

少し休むと痛みやシビレはとれまた歩けるようになる。

しばらく歩くとまた痛い・シビレる・・・

これは間欠性跛行といいます。

間欠性跛行になるのは動脈硬化が原因のこともありますが、腰痛が伴なっているなら脊柱管狭窄症が疑われます。

腰痛は背中を丸めるとラクになり、背筋を反らすと悪化するのが特徴です。

これは腰を反らすことで脊柱管が狭くなってしまうため、馬尾神経が圧迫されて痛みがでるのです。

このような症状がある方はまずは整形外科を受診していください。

重度の場合は手術が適応になります。

脊柱管狭窄症は整体やカイロでは効果がない?

ではこのような症状で整体やカイロプラクティックの手技療法はまったく効果がないのでしょうか?

稀にですが、仙腸関節の締め付けが強く、同じような症状を呈することがあります。

その場合、仙腸関節や骨盤を矯正することで症状は改善します。

手術を勧められ、色々調べた結果、セカンドオピニオンとして整体・カイロを試してみる方もいらっしゃいます。

但し、施術者には脊椎管狭窄症を視野に入れ、施術の効果がない場合は速やかに専門医の受診を促すことが求められます。

そのため、臨床的な知識が豊富で、仙腸関節や骨盤の矯正といった骨格に対する施術のテクニックが必要となってきます。

カイロプラクターは解剖学など臨床にも詳しく、骨格に対する施術のテクニックも有しています。

整体の中でもより臨床的と言われるカイロプラクティックなら的確な施術と、適切な判断が可能です。

足の痛みやシビレを伴なう腰痛でお悩みの方、カイロプラクティックを試してみませんか?

港南区で腰痛でお悩みなら

港南台の腰痛専門整体-さくやまカイロプラクティックへご相談ください。