クライアントさんは20代の保育士さん。

第1子出産後6か月で急性腰痛、いわゆるギックリ腰で来院されました。

腰の痛みをかばうためカラダが歪んでおり骨盤の正確な評価はできません。

まずは腰痛のケアから始めます。

来院は痛みが出てから2日後で炎症は落ち着き急性期を脱しつつあります。

施術後は痛みは軽減し腰の稼働範囲も広くなりました。

3日後の来院では翌日痛みが増したもののその後落ち着いたとのことでした。

急性期の痛みは炎症による痛みなので炎症物質が残っていると血行を良くしたことで拡散し一時痛みが増すことがあります。

炎症物質が代謝されると痛みは治まり、筋肉の状態も改善していれば前のような痛みはなくなります。

しかしここで油断していまうと、別の筋繊維を傷めてしまうことがあるので継続しての施術が必要になってきます。

 

4回の施術で腰痛はほぼ消失し骨盤の評価・矯正に移ります。

腰痛ケアで腰をはじめ骨盤周囲の筋肉は調整しているのでこの段階では骨盤の歪みは微小なものでした。

矯正を行い1週間後のチェックでは歪み戻しはありませんでした。

それから1か月後に再来してもらいましたが腰痛の再発もなく骨盤位も正常だったのでその後は経過観察になりました。

20代で筋力もあるので無理をしなければ再発はないと思います。

しかし20代での出産でも出産の疲れ・育児の疲れが蓄積すると腰痛になることはあります。

特に産後6か月は予防接種やお散歩など外出の機会が増えたり、離乳食が始まるなど変化の多い時期です。

赤ちゃんも7㎏~10㎏と重たくなってきます。

腰には相当な負担が掛かっていますよ。

産後の骨盤矯正がまだなら早めにカラダ・骨盤のケアをしましょう。

産後のカラダ・骨盤矯正についてもっと詳しく ⇓