ツライ妊娠中の腰痛・坐骨神経痛!

妊娠後期に腰痛で来院される方がいます。

妊娠後期になると急激にお腹が大きくなることで腰に負担が掛かり腰痛になりやすいのです。

もともとの腰痛が悪化したケースなどもあります。

特に37週を過ぎると、今まで安静と言われていた方でも、手のひらを返したように動くように言われます。

出産に備え筋力をつけるためです。

しかし、今まで安静にしていたことで低下した筋力で急に長い時間歩いたりすると筋肉を傷め腰痛や坐骨神経痛様のお尻の痛みがでることがあります。

ところが、臨月の妊婦さんを受け入れてくれる治療院がほとんどないのです。

妊娠中の腰痛ケアはカイロプラクティックで!

妊婦を受け入れてくれる治療院が見つからず、結果痛みを抱えたまま出産に至るケースも少なくありません。

しかし、腰痛や坐骨神経痛を伴った状態で陣痛が起こるとその痛みは通常よりも酷くなることは容易に想像できます。

中には、腰の痛みがひどすぎてお腹ではなく腰が周期的に痛む、腰陣痛を訴えるケースもあります。

産院では外科的な痛みだと帰されますが、直後に破水したなんてこともあるのです。

腰に不安があるようなら37週以降正産期に入ってから施術にいらして下さい。

それ以前でも痛みが酷いようならお受けします。腰痛・坐骨神経痛の状態での出産はかなりツライものがあります。

骨盤も歪んでいる可能性がありますので、少しでも楽に出産をするためにはカイロプラクティックでの腰痛・骨盤のケアをお勧めします。

もちろん、通常の施術ではなく、お腹に負担のかからない体位で施術を行います。

中にはそういった症状がなくても妊娠期間中、定期的にメンテナンスにいらしている方もいらっしゃますよ。

産後の骨盤矯正も忘れずに! ⇓