整体・カイロプラクティックは妊娠中でも受けられますか?そんな質問を頂きます。

以前は当院の通院歴がありカルテのある方は安定期(16週)から、念のため初めての方は正産期(37週)になってから施術をお受けしていました。

経験した症例数も増えたので、現在は初めての方でも安定期(16週)以降であれば施術をお受けしています。

妊娠中の施術で気をつけなければならないのは、子宮を刺激しないこと。

足首や仙骨、肩などにある子宮の反応点が分かっていなければなりません。

このような考え方は東洋医学的な考えでアメリカでは科学的根拠はないとされています。

しかしここは日本。

臨床医の中にも子宮の反応点を意識するDr.もいらっしゃいます。

当院の施術でもこのような点は考慮しています。

あとはお腹に負担が掛からない姿勢で施術をすることです。

うつ伏せになれないので座位・側臥位・仰向けなどの体位で施術を行います。

 

ではどのような方が妊娠中に整体に来るのでしょう?

妊娠初期に多いのは頭痛・肩こりです。

頭痛持ちで今までは頭痛薬でコントロールしていたという方です。

妊娠中は服薬ができず困っていませんか?

特に肩こりからくる筋緊張型頭痛には整体・カイロの施術が奏効します。

片頭痛のような血管型頭痛も血行を良くすることで発作的な血流の増加を防ぐことができれば、頭痛の頻度は下がります。

妊娠中~後期になるとお腹が大きくなることで、腰に負担が掛かってきます。腰痛です。

その他足の付け根(鼠径部)や恥骨の痛みで来院される方もいます。

臨月に近くなると足がツルようになって困ったという方もいますね。

 

以前は安全性に過敏になり過ぎ、妊婦さんの行動がかなり制限されていました。

温泉なんかもそうですね。

今は妊婦さんも泉質は選びますが入浴OKの所が増えました。

整体も痛みをガマンして辛い思いをするほうが、赤ちゃんにはストレスになるという考え方のようです。

とは言え、妊娠中の施術は信頼できる治療院でしてもらいたいですね。

当院は港南台で10年の実績と、その間多くの妊娠中・産後の症例を経験しています。

港南台で妊娠中の施術が受けられる整体をお探しの妊婦さん。

妊娠中から産後の骨盤矯正までトタールでケアできる港南台の整体【さくやまカイロプラクティック】へ是非ご相談ください。