O脚を自分で治すことは出来るか?

O脚矯正は3つのステップで行います。

まず、O脚の原因となっている筋肉のクセを取り除くこと。

次に新しい良いクセをつけること。

最後の矯正された状態を維持することです。

具体的には施術による筋バランスの改善、ゴムチューブを用いた矯正、新しいクセを固定するためのO脚体操です。

自分でできる部分は最後のO脚体操のみです。

よってO脚矯正を自分で完結するのは難しいと言えます。

ごくごく軽微のO脚ならば体操だけで改善していく事もあります。

しかし、O脚体操は自己流で行っても効果がないので専門家の指導が必要です。

実際にO脚矯正の施術のあとO脚体操の指導をしていますが、次の施術で体操をチェックすると間違った部分があることがほとんどです。

何度かいっしょに練習していくことでO脚体操をマスターしてもらいます。

よって本やネットの知識だけで完璧な体操は無理だと考えます。

そんなことをしていてもO脚は改善しないので途中で投げ出してしまう事になるでしょう。

O脚を紐で縛るのは危険!

また足を紐で縛るといった矯正がネットなどで紹介されていることもありますが、これも筋肉の悪いクセを取り除かずに行っても全く効果がありません。

さらに、悪いクセのまま紐で縛り上げることで、膝関節を痛めてしまうことがあるので絶対に行ってはいけません。

結論として、O脚は自己流では矯正は難しく、間違ったやり方では膝を痛めてしまうリスクがあります。

O脚矯正は専門家のいる治療院へ相談するのが一番の近道です。

横浜市港南区でO脚のことなら!

港南台の整体-さくやまカイロプラクティックへご相談ください。