O脚矯正に必要な施術回数は?

O脚矯正は年齢が高い程、O脚の程度がひどい程施術回数が必要になってきます。

ですから「人によって違う」というのが答えです。

O脚は股関節の内旋と膝の過伸展が原因です。

股関節と膝にO脚になる悪いクセがついていると考えてください。

その悪いクセで長年、生きてきたわけです。

その年数が多い程、悪いクセがカラダに染みついているわけで、矯正も難しくなってきます。

一般的にはO脚矯正が可能なのは30代までとされています。

当院では40代での矯正実績もあるのでこれも個人差があるようです。

次にO脚の程度です。

直立した時、膝の間がどの位離れているかです。

指1本分までならO脚ではありません。

2本までなら軽微・3本までなら中程度・それ以上なら重度のO脚です。

重症度が増すほど矯正に必要な回数も増えていきます。

矯正期間中は週3回のペースで集中して施術を受けてください。

施術間隔が開いてしまい、週2回、週1回となると矯正が完了するまでの背施術回数も増えてしまいます。

平均すると週3回のペースで1カ月間、回数にして10回位になります。

費用は1回当たり\5,000 +TAXが相場ですので、5~6万円くらいになります。

O脚矯正の5万は高いか、安いか?

例えば歯列矯正の場合、何十万も掛かりますよね。

それと比べれば安いといえるのではないでしょうか。

とは言え、5万円も大金と言えば大金。

では5万円の価値があるかどうかです。

O脚を放置すると将来、変形性膝関節症になるリスクがあるというお話はしました。

お年寄りが膝が痛いと言っているやつです。

身内や周りにそのような方はいらっしゃいませんか?

毎日のようにリハビリに整形外科に通院し、酷くなれば人工関節置換術、人によっては高額なサプリメントに月に何万も使う・・・

ざっと見積もってもこちらの方が経済的損失は大きいと思います。

さらに、通院に掛かる時間や日常生活での不便さ考えると、経済的なもの以外の損失も大きいのです。

今、5万円と少しの時間を投資することで、将来このようなことが回避できるとしたら、その投資は何倍にもなって返ってくる計算になりなす。

O脚矯正をしようかどうか迷っているようでしたら、まずは専門家に相談してみてはいかがでしょう。

あなたのO脚の程度は?あなたのO脚は矯正できるO脚か?推測される必要施術回数は?そのような情報を得てから再考してもよいのでは?

横浜でO脚矯正でお悩みなら、

港南台の整体-さくやまカイロプラクティックへご相談ください。

 

関連記事:O脚は矯正した方がいいの?