クライアントさんは金沢区30代助産師。

第1子出産後2か月で尾骨痛を訴え来院されました。

産後の骨盤矯正で治療院を探していましたが、金沢区内には助産師さんのお眼鏡に適う治療院が見つからず当院へ来院されました。

産後ケアや産後の骨盤矯正について詳しくご説明しているホームページを評価していただいたようです。

 

尾骨の痛みですが出産時に尾骨を痛めてしまうこともあります。

しかし産後の尾骨痛は大臀筋・中臀筋からの関連痛のケースがほとんどです。

関連痛とは、痛みを感じる部位とは別の部位に原因がある痛みのことを言います。

痛みの原因はトリガーポイントと呼ばれ、筋肉が過緊張を起こしています。

肩こりからくる頭痛が代表的です。

この場合産後しばらくしてから痛みが出ることが多いので判断が付きます。

 

この方も産後直後は尾骨に痛みはなかったということなので臀部の筋肉が原因と考えらます。

臀部の筋肉の過緊張は骨盤の歪みの原因にもなります。

産後特有の骨盤の歪みが認められ、ウエストのくびれの位置に左右差がありました。

初回の施術で臀部の筋肉の調整を含め骨盤矯正を行ったところ、尾骨の痛みは消失し骨盤の歪みも矯正されました。

骨盤は産後2か月のベストなタイミングでの矯正だったので初回の施術で矯正は完了し、1週間後のチェックでも歪み戻しはありませんでした。

臀部のストレッチを指導してセルフケアを行ってもらい、その後尾骨痛の再発はありません。

関連記事:産後の尾骨痛、お尻の筋肉が原因?

産後のカラダ・骨盤矯正についてもっと詳しく ⇓